ハッピーメールでの体験談:出会い系アプリの情報

ハッピーメール登録

久しぶりに出会い系サイトを利用して見ようと思い、出会い系サイトと言えばハッピーメールがまず最初に思いつきましたので実際にハッピーメールを利用した体験談(2019年11月時点)を書いておきます。
まずハッピーメールのアプリをダウンロードすると最初に50PT貰えますので無料でどんな感じなのかは試す事ができます。
電話番号の登録が必要なのかと思っていましたがアプリをダウンロードしただけで使えました。
ただ実際に利用する際は年齢確認ができていないと定型文しか送れませんので女性と本格的にやりとりする場合は身分証明証を写真で送る必要があります。
身分証明証を送付するのに抵抗感を感じる人も居ると思いますが今は出会い系サイト規制法により何処の出会い系サイトも身分確認は必須で逆に提示がないところは怪しいと思っていた方が良いです。
また、ハッピーメールと言えば運営歴も長いので個人的には信用をしていましたので運転免許証を送信すると数分でメールのやりとりができるようになり、年齢確認ができるとさらに50ptが追加されていました。

利用して見た感想

個人的な偏見かも知れませんがこの手の出会い系サイトと言えば援助交際目的で利用する方が大半だと思っていますのでメル友募集、今からあそぼ、恋人募集、友達募集、ミドルエイジの中から今から遊ぼに投稿している女性に連絡をして見ました。投稿している内容はだいたい以下の通りで

・○○で会えますか?
・私と一緒に楽しく遊びませんか?
・今日これから会える方いませんか?
・1名だけ募集します

など援助交際目的だろうとと思われる人に

・これから会えませんか?

とメッセージを送ると

・ゴム付き1回戦ホテル代込みで1.6、2回戦で2.2でどうですか?
・1.5ゴあり1回戦○○駅近くの家で会えます
・会ってからhする前に前払いで生中別1.8、生外別1.5でどうですか?

などの返信がありました。
ここで返信してくる人達はほとんど業者(デリヘルと同じで専門に女性を派遣している人たち)と言われる人達なのでこれを援助交際と言えるのか?と言えば微妙ですが中には個人的に活動している人もいますので何回か会ったり、やりとりをすれば援助交際相手を見つける事はさほど難しくはないと思います。
出会い系サイトにはキャッシュバーカー(メールのやりとりなどでポイントを稼ぎポイントを現金に換える目的でサイトを利用している人)と呼ばれる人も存在しますので念を入れる場合は会う前にLINEやメールアドレスの連絡先を聞けば業者や援助交際目的の人は抵抗なく教えてくれると思いますのであらかじめ聞いておくのが良いと思います

タイトルとURLをコピーしました